Gulliver USA
EN
Top > ブログ > シカゴ店 > 【車の豆知識】寒い季節の自動車管理のポイント

【車の豆知識】寒い季節の自動車管理のポイント

毎日少しずつ涼しくなってきていて、もうすっかり秋模様のアメリカ中西部ですが、これからさらに本格的に寒くなるシーズンを迎えますね。

今回はこれから迎える寒い季節の自動車管理の注意点をいくつかご紹介します。

・タイヤ

気温が下がるとタイヤ内の圧力も下がるため、夏場よりもこまめな空気圧チェックが必要です。空気圧が低いまま乗っているとタイヤの寿命を縮めますし、バーストしてしまう可能性も高くなりますのでご注意ください。オールシーズンタイヤでも乗り切れますが気温が下がるとタイヤのゴムが固くなりますので、心配な方はより柔らかいスタッドレスタイヤの装着をお勧めします。

・バッテリー

自動車の部品の中で寒さに一番弱いのがバッテリーです。特に-10℃以下になるとバッテリー容量が常温に比べて70%ほどに低下してしまいますので、普段あまり車に乗らない方はバッテリー上がりに注意する必要があります。万一の時に備えてジャンパーケーブルを車内に準備しておきましょう。あらかじめ容量の大きいバッテリーに交換しておくのも良いかと思います。

・ワイパーゴム

気温が極端に下がる中西部では、ワイパーが凍りついてフロントガラスに貼り付き、無理に動かすと破れてしまうことがよくあります。寒冷地仕様の車にはワイパーのある位置に熱線が入っていて温められる「デアイサー」と呼ばれる装備が付いている場合がありますが、無い場合はデフロスターでガラスを温めたり、氷解スプレーなどで氷を溶かしてから動かすことが鉄則です。

・サイドブレーキ(パーキングブレーキ)

極端に気温が低い時、駐車中にサイドブレーキをかけてしまうとワイヤーケーブル内の水分が凍りついて解除できなくなることがあります。平地に駐車している場合はサイドブレーキを引かないでおくのもポイントです。AT車はシフトレバーがPの位置にあれば機械的にロックされていますので、大きな衝撃がない限りは動き出すことはありません。一部の電気式(スイッチ式)のサイドブレーキを装備しているの車の場合はケーブルを使っていないためこの限りではありません。

いざという時に困らないよう、正しい知識でしっかり準備しておきましょうね。

担当者紹介

担当者

瀬尾俊之