Gulliver USA
EN
Top > ブログ > シカゴ店 > 車の売り買いはCarmax?それともディーラー?それともガリバー?

車の売り買いはCarmax?それともディーラー?それともガリバー?

アメリカで10年以上自動車関係の業界で働いていると、会社の取引先や友人・知人から車の売却の相談を受けることがあります。

ですが、私からできるアドバイスはいつも人それぞれです。相手が学生の場合と、永住、駐在の方で、おすすめできる売却方法は全く異なります。

まず、帰国予定の方は個人売買は勧めません。名義変更トラブルが後を絶えないからです。トラブルは本人に起因するものと、相手に起因するものに大別されます。本人に起因するものとしては、DMVに提出するCertificate of Titleへの記入は絶対に間違ってはならないのですが、概算の走行距離を入れてしまったり、間違ったチェックボックスを選択してしまったり、売却後のレポート(Release of Liability Reporting)忘れ(郵送で行った場合、紛失も含む)などが由来です。相手に起因するものだと名義変更中の交通違反系です。名義変更中のトラブルは前オーナーに届くことがあります。帰国後にDMV、警察署や裁判所からの手紙が届くこともあります。その書類を放置するのもまずいですし、対応するのも一苦労です。

アメリカでの一般的な車の査定は、予約をとり、ディーラーへ訪問して、車両を検査し、値段の提示を受けます。通常$500きざみで提示されることが一般的で、有効期間は1週間。1週間を超えた場合は再度車を持ち込む必要がありますが、価格が変更になる理由は2つ。1度目の査定と2度目の査定の検査結果が違うパターン。担当が違うこともあれば、同じ担当でも2度目の検査の方が厳しくなる傾向にあります。もう一つのパターンは相場が

車を売る場合、買取金額が高い傾向にあるのはガリバーUSA=CARMAX>正規ディーラー>個人ディーラーであることが多いです。

ただし、車や時期によって結果はもちろん異なります。

一般的に正規ディーラー(トヨタやホンダの販売店のこと)は次の車購入の際の下取り、つまり「Trade-In」しかしません。下取りだけ、つまり買取はしません。

基本的に正規ディーラーで買取だけの見積もりをお願いしても、査定はするけど担当がいないからまた連絡します…とか、多分このくらいだと思いますがお乗換えですか?…という対応をされることがあります。

正規ディーラーは販売に重点を置いているため、新車が売れるのならば中古車のTrade-Inも積極的に行いますが、買取だけになるとあまりやる気が感じられません。

裏事情ですが販売店の場合、買い取っても営業マンにコミッションがつかない点も彼らのやる気を削ぐ要因のひとつかもしれません。(私がカリフォルニアにいたときの同僚の話)

次に、CARMAXはアメリカ系の中古車業態ではもっとも日本のガリバーに近い存在です。

(※CARMAXとはアメリカの最大手の中古車屋さんです。ご存知だと思いますが、ガリバーは日本で最大手の中古車屋さんです)

彼らカーマックスは買取も販売もどちらにも力を入れています。徹底的にシステム化されており交渉なしの一発提示をしてくれますので、フェアな取引が期待出来ます。

欠点としては、見積もりが1週間のみ有効なので帰国直前まで身動きが取れないことです。また、2度目以降の査定では金額が下がる傾向にあることが確認されています。

また、売却しても送迎などは皆無ですのでタクシーか友人のお迎えを手配しなければなりません。支払いも銀行手形での発行の為、現金化に通常よりも時間がかかります。帰国で銀行をクローズしようとお考えであれば、かなり早い段階で売却せざるを得ません。

そのような状況の中で段取りよく事を進めるためには、早めに売却してレンタカーという手段が昔は一般的でしたが、レンタカーを借りて、返却して、、、、という風にやっていると時間もお金もかかります。愛車とのお別れも早いです。

これではあまりスマートな売却先ではありません。

ガリバーUSAですと、買取に重点をおいていますので、もちろん買取金額は魅力的です。みなさまご存知な方も非常に多いケリーブルーブック(Kelley Blue Book)などの相場検索サイトなどの金額も正直にお伝えすることで納得のいく取引を心がけております。

基本的にはカーマックスと同じ金額であることが多いです。

これは、参考にしているデータベースが全く同じであり、買取に力を入れている両者だから結果が同じという理由が大きいです。

(GulliverとCARMAXとが談合しているわけでは一切ございませんのでご安心を。)

唯一違う可能性があるとすれば、その車の販売が得意かどうか。人気車種は日本でもアメリカでも大きくは変わりませんが、一部ニーズに違いがあります。CARMAXでは販売が得意ではない車種でも、ガリバーUSAでは人気車種であることもあります。ワゴンタイプの車やコンパクトSUV、コンパクトハッチバックなどはわかりやすい例だと思います。アメリカではどうしてもコンパクト系は人気がありませんので。

ガリバーUSAの場合、日本のサービスもあります。出張査定での無料見積もりや、最長1ヶ月の長期見積もり、帰国直前まで乗れて自宅やオフィス、さらに空港への引き取りサービスも対応できます。CARMAXに限らず、アメリカのディーラーではどこも対応できません。

また、いろんなところで融通が利きます。たとえば、車に忘れ物があれば郵送しますし、必要書類を紛失した場合もこちらでお手伝いをします。支払いもキャッシャーズチェックや銀行振り込み(日本、アメリカ)にも幅広く対応しております。

余談になりますが、3年から5年ほどアメリカ方に滞在された方はご存知かもしれませんが、米系の業者はトラブルが多いです。私の所見ですと、日本のディーラーとは違い、プロフェッショナルが少ないと感じます。日本でもガリバーで働いていた私には日米の車業界を比較することが出来ますが、アメリカは社員の入れ替わりが多く、プロフェッショナルが育ちにくい環境になっていると感じます。

さて、本題に戻りまして、車の売り買いはCARMAX?それともディーラー?それともガリバー?

それは、ガリバーであるっ!!

とお客様に即答していただけるように今後ともシカゴ店は地域密着型店舗として日々精進してまいります。

今後ともシカゴ店を宜しくご愛顧お願い申し上げます。

ガリバーシカゴ店