アメリカでの車購入方法

車を上手に買うのは簡単なことではないですよね。それが「日本じゃなくてアメリカで」「新車じゃなくて中古車を」となると、更に難しいものです。

ここではアメリカでの中古車販売と、 アメリカでの車購入方法をご説明します。

どんな買い方があるの?

A.個人売買

アメリカでの中古車の買い方は、大きく分けて「個人売買」と「ディーラーからの購入」の2通りがあります。名義変更などが日本ほど難しくはないので、アメリカでは個人売買が盛んですが主流ではありません。やっぱり安心なディーラーからの購入をする方が大半です。

個人売買は安く買えることがメリットですが、非常にリスクの高い買い方です。車両の状態、お金の支払い、書類の手続きなどで多くのトラブルが発生します。個人売買は慣れていないと失敗する可能性の高い取引になります。もちろん地元の人からの個人売買は言語や価値観の問題もあり、非常に大きなリスクがあります。

スモッグチェックをしていなくて警察に捕まる、担保になっている車で没収…なんてことにもなりかねません。

B.地元ディーラー

ディーラー購入ですが地元のディーラーで購入するには、余程英語力があって車について詳しい人でないと難しいでしょう。値引き交渉も必要ですので、交渉に自信のない方は高い買い物になるかもしれません。

C.日系中古車ディーラー

アメリカでの中古車購入の場合は、車選びよりもまず店選びを優先させましょう。

日本人の多い都市には日系の中古車店があります。アメリカでの車の購入が初めてであれば日系ディーラーからの購入をおススメします。すべて日本語での対応ですので、細かなことまで安心して聞けます。フリーペーパーなどに広告が載っていますから、チェックしてみましょう。

ガリバーはロサンゼルス、サンフランシスコ・サンノゼ、ニューヨーク、シカゴの4店舗で中古車販売をしています。安心してお車をご購入していただけます。

どんな車がいいの?

A.安くて小さな日本車は?

アメリカでは日本車の人気が非常に高いです。高性能で故障が少なく、小型で燃費のいい日本車は高い相場で販売されています。最近はガソリン価格が上昇し、「小さな日本車」は最も人気があります。

「小さな」といっても軽自動車があるわけではないので、カローラやシビックなどの1600cc程度の車に人気が集中します。最近はScion(サイオン)などの小型車もたくさん出てきましたが、まだまだ中古車は少ない状況です。

「安くて小さい日本車」という条件で探すと、状態の悪いものになってしまいます。毎日どのぐらいの距離を乗るのかを把握して、「小さくなくてもいい」ということなら、アコード、マキシマ、RAV4など、いい車が見つかる可能性が高くなります。

ただ、日本車は大きく値段が下がらないのが特徴ですので、いいものを購入しておけば、それだけ帰国の際に高く売却できる可能性があります。

B.走行距離(マイレージ)は?

マイレージは車の価値を決める上で重要なファクターです。1マイルは約1.6キロ。5万マイルの車は8万キロに相当します。 日本の感覚では、10万キロを超える車は敬遠されがちですが、アメリカでは10万マイル(16万キロ)を超える車でも普通に取引されています。

ただし中古車は同じ10万マイルの車でも、それまでの使い方やメンテナンスで大きく状態が異なりますので、実際に目で見て確かめたり、セールスマンに状態をしっかりと聞くことが大切です。

C.価格は?支払いは?

アメリカにはKelly Blue Book(ケリーブルーブック)という、中古車相場を調べられるサイトがあります。車を探す際にはまずここで相場を調べておくのがいいでしょう。

また、ローンを利用するにはSSN(ソーシャルセキュリティーナンバー)やクレジット歴が必要になる場合があります。また非常に高い金利になることがありますので、しっかりとセールスマンに確認するようにしましょう。

ガリバーではお客様が中古車購入にあたって不安なことや疑問に思うことを、わかりやすくご説明します。ぜひお問い合せください。

最新在庫情報